ホンダゴリラ タンク塗装 ウレタンマットブラック

2 min 238 views

キラーん!!!!!
ヤフオクで買ったゴリラのレストアになります。

ホンダゴリラのタンク 塗装剥がしとプラサフ

中古で買ったタンクの塗装を剥がして、パテうめ。
磨きを入れてからプラサフを吹きます。

今回はSOFT99さんのボデーペン グレーにしました。
薄く何度も塗り重ねて少し厚みを持たせました。

数日乾かしてから、耐水ペーパーで水研ぎを行いました。
それでも結構けずれてしまって下地が出てきてしまったので、
スプレーの残りを全てつかってさらに塗り重ねました。

ペーパーだとどうしても指の圧で均一に研磨できなかったので、
こちらのサンドブロックをつかいました。

これ便利ですねー。
800番くらいで平面にして、ペーパーの1000番、1500番でしあげました。

ホンダゴリラのタンク塗装 ウレタン

いよいよ塗装に入ります。

クリアをするのが面倒だったので、マットブラックで一発塗装することにしました。
ウレタンスプレーは初めて使うので、緊張します。

1回目。
かるーく吹き付けるだけで、10分放置。
あ、ちなみにウレタンスプレーは完全に乾くと重ねて塗装はできないと注意書きがありました。

それから、庭で塗装しましたがめちゃくちゃ臭い。
妻に怒られました。
簡易的にでも塗装ブースを組んだほうがいいと思います。

2回目

まだまだ軽め軽めに吹いています。
ざっくり全面的に黒くなりましたね。

スプレーがあまりそうだったので、このタイミングでサイドカバーも塗装しました。
こっちはやや適当。

3回目

ここからやや厚めに塗っていきます。
てかてかしてきましたね。

4回目以降

塗り終わったので、しばらく倉庫内で乾燥させます。
たのしみですねー。
乾かないうちに養生していたテープ類を外しました。
乾いてからだと塗装ごと剥がれそうだったので。

ホンダゴリラのタンク塗装 載せてみた

しっかり乾きました。
マットブラックなのでほどよい感じの仕上がりに。
細かいところは気にしない!!

仮当てって感じで載せてみました。
(オイル漏れはみないで。。。。)

シートも軽く載せてあるだけですが、
サイドカバーも装着して完成したかのように見えますね。

いい感じじゃないでしょうか。

こうみると10インチも悪くないですねぇ。
8インチタイヤも用意してあるんですが、このスタイルでしばらくのってみようかな。

大変だったけど、タンク塗装楽しかったです!


関連記事