サビついたワイパーアームをチッピング塗装

1 min 196 views

215サーフのワイパーアームが錆びていて気になったのでチッピング塗装でリペアしました。

動画にまとめていますので是非見てください。
チャンネル登録してもらえると泣いて喜びます。

ワイパーアームを外す

アームのキャップを外して、ナットを緩めます。
無くさないように。保管しておきます。

ナットは14mmのメガネレンチで外しました。
ソケットレンチではボンネットが干渉して使えませんでした。

事前準備と塗装はゆっくり丁寧に

剥がれた塗装やサビを落とします。
600万の耐水ペーパーでゴシゴシしていきます。

しっかりと乾燥させてから塗装に入ります。

まずは全体的に艶消しブラックで塗装します。
チッピング塗装はまばらに噴く感じになるので、下地として艶消しブラックを塗っておくと綺麗になります。艶消しなので塗りムラなど気にせずにやれます。
程度によりますが時間を置いて、何度か塗っておきます。

本番のチッピングです。
スプレーの距離によってつぶつぶの肌感が変わります。
距離が近いと目が細かく、遠いとあら目になります。
今回は20cmくらいでざっくり噴いていきます。

乾きました。いい感じです。
くすんだ感じのさびさびアームが見違えるような美品になりました。
SUVとチッピング塗装は相性がいいですね。
おすすめです。

関連記事