毎日更新!Amazonのタイムセール
お得な商品はこちら

初心者のギターメンテ道具紹介

ギターを1本持っているのですがなかなか練習できずに飾っているだけになっています。

ギターをかんたんに壁掛け
ギターを超簡単に壁にかけて飾るアイテムを紹介します。

今回は初心者である私がもってるギターメンテ道具をご紹介します。
これ持っておけば大丈夫というネット上の情報をフル活用してお伝えしますw

今回のギターはGretschのテネシーローズです。
引けないのに生意気なギターでごめんなさい。




エレキギターの弦をはずす

時間に余裕を持って作業をしましょうね。

まず弦の張替えです。

まず弦を外しますが、100均の小さなニッパーなどがあると便利です。

あらかじめ弦を緩めておくのですが、手で回すのが結構だるい。
そこで活躍するのがストリングワインダーです。

私はやっすいのを使っています。

Gretschの場合は弦が引っかかっているだけなので緩めると弦が外れます。
ほかのエレキとかの場合は緩めた後にニッパで切ってしまいましょう。

フレットの研磨

次にフレットの研磨です。
これは毎回やる必要はありません。

指板を汚さないようにマスキングか、研磨用のプレートを使います。

マスキングテープは粘着力が低いのでいいですね。

隙間が開かないようにマスキングします。

金属研磨にはピカールを使います。万能です。

くすんだフレットがピッカピカになります。
これを地道に繰り返して全フレットやります。

指板クリーニング

フレットの研磨がすんだら次は指板のクリーニングです。
オイルを塗っていきます。

島村楽器さんオススメだったHISTORY HPO3 指板面オイルを使います。

現在売られているのは点眼タイプになっているみたいなので使いやすくなっていますね。欲しい!

タオルに少量とって指板をオイルで濡らしていきます。
力を入れてゴシゴシしないようにしましょう。

塗った部分がいい感じのてかてか感になります。

弦の張替え

弦を張り替えます。

いつも使っているのはダダリオの弦です。

セットの方がお得ですね。

Gretschはちょっと特殊なので先っちょをクイッと曲げてあげると装着しやすくなります。

できたらまた壁に戻すと。。(練習しろ!