ハイラックスサーフ 215 ツイーター取り付け

1 min 368 views

なかなか苦労しましたが、215サーフにツイーターを増設しました。
詳しくは動画にて。
使ったのはcarrozzeriaのTS-T440です。

先日スピーカーを取り替えましたが満足できなかったので追加です。

ツイーターを取り付ける配線を考える

通常はナビ裏からフロントスピーカーに配線されています。
今回は、このナビ裏のケーブルを分岐してツイーターにも配線します。

このように。
ってことで、4本の分岐ケーブルを作成します。
マイナス側メス1オス2のケーブルを2本
プラス側オス1メス2のケーブルを2本用意します。

プラスとマイナスでギボシが逆なのでマイナス用は自作しました。

ツイーター→ハイパスフィルター→分岐線→ナビ
の順で繋げばOKです。

ハイパスフィルターを通さないとツイーターが壊れる可能性があるので注意しましょう。

ナビ裏まで配線

サクッと内装をバラして、ナビ裏にアクセスします。

今回は、Aピラーの角からケーブルを通してナビ裏まで配線しました。

音出し確認と取り付け

Aピラーはハンドルのボルトを外して上に引っ張れば外れます。
ダッシュボードが傷つかないように養生する方がいいです。

問題は取り付けです。
215サーフは左側はいいのですが、右側はメーターバイザーのせいで隙間がありません。

なんとかダッシュボードとエアコン口の間に両面テープで貼り付けました。
強度が心配です。。

ツイーターを取り付けた感想

交換ではなく増設なので単純に音が出る場所が増えました。
めちゃくちゃ音空間がいい感じになりました。

なによりYouTubeが聞こえやすい。ツイーターを取り付けたことで人の声が聞こえやすくなりました。
セミナー動画や英語動画などにもいいかもですね。

関連記事