毎日更新!Amazonのタイムセール
お得な商品はこちら

BMW MINI に電気自動車「iシリーズ」??

MINIからも電気自動車がでるかもしれない情報がでています。

 




BMWから電動MINIをベースにした小型電気自動車「i1」が登場?

BMW iシリーズは現在2モデルのみが展開されている。次はどんな電気自動車(EV)がドイツ・バイエルン州に本社を置くこの自動車メーカーの製造ラインから出てくるのかと、我々ばずっと楽しみに待ち続けてきた。自動運転技術を搭載した「iNext」と呼ばれるモデルが2012年に登場するとか、2020年には4ドアの「i4」が発売されるという話は耳にしているし、「X3」の電気自動車版が出るというニュースも聞こえている。BMWが既に「i」で始まる多数の商標を登録していることも知っている。スペインの自動車メディア『motor.es』が取り上げている噂が正しければ、BMWが次に発表するEVは、間もなく生産開始になる電動MINIのプラットフォームをベースにした小型EV「i1」になるらしい。

このi1は、昨年のフランクフルト・モーターショーに出展された「MINI エレクトリック コンセプト」(写真)で見られたような、フロントに搭載するモーターが前輪を駆動する電動MINIのドライブトレインを共有する。

i1が背の高い現行モデルの「i3」より小さくなるのは当然のことで、おそらくBMW「1シリーズ」と同様の5ドア・ハッチバックの形状になると思われるが、『motor.es』によればi1の全長は現行1シリーズより30cm以上短い4,011mmになるという。このボディがBMWグループの小型車用モジュール式プラットフォーム「UKL」のEVバージョンに載る。

ただし、現時点でBMW i1に関する情報は噂に過ぎず、『motor.es』の情報源も不明なままだ。もし真実ならば、現在のi3は2023年に登場するi1に引き継がれることになるかもしれない。

By JOHN BELTZ SNYDER

引用:ライブドアニュース

 

BMW i3よりもコンパクトなサイズ

BMW MINIであるためBMW i3よりも小さいサイズで実現すると想像する。

欧州でもガソリン車への風当たりが強いため、徐々に電気自動車の需要が増えているのだろう。

まちなかでよく見かけるようになったi3だが、燃費向上のためにタイヤが細めでやや残念なスタイルである。

 

i3 は5,380,000円からとなっている。

まだまだ高級であるが、MINIのiシリーズは多少リーズナブルになるに違いない。