毎日更新!Amazonのタイムセール
お得な商品はこちら

BMWが新車種開発にCTスキャンを導入か

BMWが新車種の開発と初期ロットの性能確認にCTスキャンを導入するようです。

 

 




BMW、新車開発にCTスキャン導入…車両を分解せずに初期品質を確認

BMWグループは7月19日、自動車メーカーとして初めて、プロトタイプ車の開発や生産、解析にコンピュータ断層撮影(CT)を導入した、と発表した。

この技術のおかげで、BMW、MINI、ロールスロイスの全車種が、開発の初期段階においても、品質管理が可能になった。

CTでは4台のロボットがプロトタイプ車の外側を移動し、数多くの断面画像を撮影する。

CTは、革新的な新素材、接着技術のテストなどに使用。

従来は、車両は分析のために分解する必要があったが、CTは車両を分解せずに品質をチェックすることができる。

この新しいX線システムは、開発と生産の主要拠点、ドイツ・ミュンヘンの研究&イノベーションセンターにある。

車両が所定の位置に置かれると、4台のロボットは2台のペアで作業を行い、X線を相手に送信する。

収集されたデータは、多層の3次元画像を計算するコンピュータプログラムに入力される。

これにより、車両の見えない部分にまで詳細な分析を行い、人間の髪の毛の幅にほぼ等しい100マイクロメートルの小さな部品に関する品質が確認できるという。

BMWグループは、このシステムの開発に2年を費やした。

同社は、プロトタイプ車の開発と生産を高速化。将来は、AI(人工知能)による評価の自動化につながる可能性もある、としている。

引用:ライブドアニュース

 

 言語予想されるBMW新車種

Z4

開発中の姿がはっきりしてきた新型Z4など新車種情報がどんどん出てきていますね。

新型BMW Z4 特許画像スクープ

少し前はZ5になると噂だったのに、いつのまにか各社「新型Z4」って表現してますね。

トヨタとの共同開発となるため、外装が同じになるかはわかりませんが新型スープラと何かしら同じユニットになると予想されます(エンジン?)。

 

また、傘下のMINIでは先日LCIが販売になったばかりで初期ロットの性能試験にCTスキャンを活かせそうですよね。

BMW MINI 2018 F55 5ドア マイナーチェンジ 情報まとめ

 

BMWもどんどん最新技術で他メーカーをブッチギりで引き離していただきたいですね。